通販で買い物するときにも役立つ!カニの購入で生じる疑問を解決しよう!

このサイトではカニの購入で生じる疑問を解決するために役立つ情報を紹介しています。
通販で買い物するときにも参考になる可能性がありますので、ぜひチェックしてみてください。
通販で購入するときは、重量が記載してあるお店を使うのが良いのかという疑問にもお答えしています。
届いてから思っていたのと違ったということにならないためにも押さえておきましょう。

通販で買い物するときにも役立つ!カニの購入で生じる疑問を解決しよう!

カニにまつわる役立つ情報を知っておきたい、という人もいるのではないでしょうか。
通販で売られているカニは冷凍で届けられるものが多いですが、冷凍保存できる期間は一般的に家庭用の冷蔵庫なら2週間くらいといわれています。
またカニのシーズンは冬というイメージがありますが、種類によっては夏に旬を迎えるものもあるのが特徴です。
通販でお取り寄せして美味しく食べるためには、旬の時期に獲れたカニを購入するのがおすすめです。

通販で販売している生冷凍のカニとは?

海産物のなかでも、ご馳走・高級食材と見なされるものがカニです。
日本では明治時代頃から日本海側でカニ漁をあされるようになり、おもに東京や大阪などの都市部に向けて送られていました。
以前は国内の領海でしか水揚げをしていなかったので、冷蔵もの以外は手に入れることができなかったものです。
しかし、昨今ではアラスカやロシアでも日本向けに輸出をしており、冷凍で手に入れることが可能です。
通販で購入できるものの大半は後者となりますが、ここでは生冷凍のカニについて解説をしていきましょう。
一般的には冷凍スタイルが主流ですが、この場合は解凍をすると身が崩れてしまうというデメリットがあります。
そこで新しく開発された保存法が生冷凍というもので、約マイナス30度の急速冷凍を10秒程度実施をしたものです。
全体の表面だけは凍っていますが、中身はまだ生の状態で高品質を保てるのが特徴となっています。
味わいも損なわないので、通販で多用されるようになりました。

同じ種類のカニでも松葉ガニや越前ガニなど異なる呼び名があるのは何故?

一見すると同じ種類のカニに見えるのに名前が違うのは、採れる地域によって違うからです。
カニと言えばズワイガニが思い浮かびますが、沢山の呼び名があるのです。
松葉ガニは山陰地方で採れるオスです。
主に京都府から島根県の漁港で水揚げされます。
よく聞く理由は他のに比べて禁漁期間が長いため、大きく育ちがよく身が引き締まったカニになることでブランド力が付いたと言えます。
越前ガニは、名の通り福井県の越前地方をさします。
大きさに差が出ることから、オスとメスで呼び名の種類も変わってきます。
松葉ガニのメスはメガニ、越前ガニであればオヤガニと変化します。
この2種が有名ですが、水揚げ場所が石川県や山形県、されに北上して北海道に行くにつれ変わります。
近年では漁港ごとにブランド化が図られ呼び名がさらに細分化されていますが、基本は同じカニです。
名前から水揚げ漁港が判断できます。

ズワイガニと紅ズワイガニは異なるカニの種類?

カニというと、日本人なら冬の味覚と答えられる方が大半です。
世界広しといえども、この海産物を好んで食べているのは我々のみです。
昨今ではインバウンド客の間でも人気が高まりを見せており、大阪にある専門店では毎年冬になると諸外国のツアー客で大いに賑わいを見せているほどです。
もっともポピュラーなカニといえばズワイガニですが、それ以外にも色んな個体が市場に流通をしています。
簡単にその個体を見ていくことにしましょう。
まずズワイガニの仲間となるのが紅ズワイガニで、鳥取県と島根県で水揚げされているものです。
名前の通り全体に赤みが強くなっているのがポイントですが、これはエサであるプランクトンが影響を与えています。
兵庫県では香住ガニと呼ばれますが、こちらは紅ズワイガニとは正反対で全体が白みがかっているものです。
おもにワカメなどの海藻を好んでエサにしているので、甲羅に色素沈着がないのがポイントとなっています。

カニ通販を選ぶときには口コミを参考にした方が良い?

実際に取り寄せてみないとわからないのが通販ですが、カニ通販を選ぶときには口コミを参考にするのが良い方法です。
ショップのサイトに掲載されている商品内容と、注文後に届いた状態や量などに違いはないか、美味しさはどうかも知ることができます。
サイトの記載よりもサイズが小さかったり、味わいにも問題があるなど、マイナスの意見もあるかもしれません。
しかし反対に購入意欲を後押しするほどの、良い評価や声も多くあります。
できるだけ高い良い評価のあるショップの方が、購入をするにしても間違いはないはずです。
鮮度が命であり味の良さも大変重要、加えてお店の対応の良さも関わってきます。
実際に利用をした人であれば取り寄せたカニが、いかにおいしかったかもわかりますし、スタッフの対応もわかるので一石二鳥です。
気に入った人はリピートする可能性も高く、口コミを参考にすることで、選んでよかったと思えるカニ通販を利用することができます。

香住ガニは紅ズワイガニの中でも質が良いもので香住漁港で水揚げされるカニ

冬に最盛期を迎える海産物というと、日本ではカニが挙げられます。おもに日本海側の漁港で活発に水揚げがなされており、関西方面であれば兵庫県の香住町が非常に有名な漁港です。ここでは毎年10月にカニ漁が解禁をされ、翌年の3月まで約5000キログラムほどが毎年獲れています。香住ガニというブランドを水産庁から賜っているのもポイントで、解禁日の翌日は町内の小学校の給食でもカニが提供されているほどです。簡単に香住ガニの特徴をここで見ていくことにしましょう。水揚げされているのはズワイガニであって、島根県や鳥取・石川県に福井でも同じ個体をとることが可能です。しかし香住の場合はその地域よりも非常に品質がよく、それがブランド化のカギを握りました。まず漁港が内海になっていることで恵まれた漁礁がたくさんあるのがポイントです。甲羅や脚にキズがないカニが多く、見た目も良い点が挙げられます。また、身が詰まっていて旨味も凝縮されています。

間人ガニは松葉ガニの中でも丹後半島にある間人港に水揚げされるカニ

間人ガニとは、松葉ガニの中でも丹波半島にある間人湾に水揚げされるカニをいいます。間人港では、毎年11月にズワイガニ漁が解禁され、間人漁港で水揚げされる間人ガニは、京都府の最北端の沖合20~30キロメートルを漁場として、鮮度も抜群のカニです。 味や品質においても全て最上級といわれており、京都では一度は味わってみたい珍味といえるでしょう。これは幻のカニともいわれており、漁が厳しく命がけの作業となります。12月から2月までの冬の厳しい時期で、海が荒れる日も多い中での捕獲となってしまうからです。そのために全体として、漁獲量が少なく、なかなか手に入らないのが現状だといいます。食べられる場所は京丹後では毎年、11月6日の漁解禁に合わせて、市内の宿では料理が提供されているのです。食べてみたい方は、漁獲の時期を狙って、丹波湾近郊の宿に泊まってみると良いでしょう。京都の市内観光が終わった後に、こちらまで足を伸ばすのも良いものです。

カニのハサミ部分に付いているタグの意味とは?

毎年10月になると、新聞やニュースではある海産物の話題で持ち切りとなります。その海産物とはカニであり、北海道から鳥取県の日本海側の漁港で活発に漁に出かけられています。日本は世界でも珍しいカニを食べる習慣があり、昨今ではインパウンド客の間でも人気の食材となりつつあるほどです。漁港で水揚げされているカニの光景を多くの方はテレビなどで見られたことがあるでしょう。その時、ハサミ部分にタグが付いているのを気にされたことはありませんか。簡単にこのタグの意味を見ていくことにします。カニには1級から5級までランク付けをするのが一般的で、そのランクを記載されているわけです。どの海・海域で水揚げをされたのかということも記述をしており、一種のシリアルナンバーです。水産庁でブランドつけもされており、この表記が非常に重要なものといっても言い過ぎではありません。市場に流通をする際の証明書にもなっている大切なものです。

国産のタラバガニは全てがオスのカニでメスは流通されない?

多くの人に冬の味覚で大好物だと言われるもの、それはカニでしょう。鍋にするのが一般的ですが、それ以外にも刺身や焼く、またはしゃぶしゃぶにするなど色んな味わい方があります。特に北海道で水揚げされているタラバガニはカニのなかでも王様的な存在といえるものです。ここでは簡単に、タラバについて解説していきましょう。タラバガニというと、大きな身体と脚を持っているのが特徴になります。これはオスの個体であって、デパートやスーパーマーケットでではメスは販売されていません。ではどこでメスは流通しているのかというと、加工品に使用されています。カニ味噌というものをご存じでしょうか。味噌とは甲羅の中に含まれている身と卵のことを指しています。メスには卵巣があるため、それを取り出して缶詰や佃煮にすることが可能です。オスは身が全身にたっぷりとあるため鍋やしゃぶしゃぶにできるのであり、メスは食べられません。

カニはそれぞれ漁期が決まっていてメスのズワイガニの漁期は短い

日本では色んな海産物が食べられていますが、その中でも王様的存在がカニです。一般的にズワイガニというものが好まれますが、これは日本海側の新潟や金沢などの漁港で水揚げされているものです。ここでは簡単に、ズワイガニの漁期について見ていきましょう。カニは秋から冬にかけて最盛期を迎えている海産物で、ズワイガニに至っては11月から翌年の1月に水揚げされているものです。メスだと12月に獲れるものには卵があり、もっとも美味しい時期といえるものです。そして昨今ではオスのカニも人気が高まっており、身がしまっている1月にとられています。漁期とは日本では農林水産省が季節ごとにもうけていて、それぞれの漁港では解禁日という言葉で表現されているものです。それ以外の季節に船を出すことはできず、守らなければ今後は漁に出ることはできません。

カニに関する情報サイト
カニの疑問を解決しよう!

このサイトではカニの購入で生じる疑問を解決するために役立つ情報を紹介しています。通販で買い物するときにも参考になる可能性がありますので、ぜひチェックしてみてください。通販で購入するときは、重量が記載してあるお店を使うのが良いのかという疑問にもお答えしています。届いてから思っていたのと違ったということにならないためにも押さえておきましょう。

Search